メンズ必携、フェルトハットはスーパースターに愛された帽子

メンズ必携、フェルトハットはスーパースターに愛された帽子

帽子は、100年前のヨーロッパでは、「紳士」であるならば、かぶることが当たり前のマナーでした。もちろん、そんなルールは今の日本には存在しません。しかし、現代ではファッションにおける重要なアイテムとして、そしてもちろん、「紳士」であることを物静かに語るために、「フェルトハット」や「ハンチング」をかぶることは、真におしゃれな振る舞いと言えるのではないでしょうか?
 
ところで「フェルトハット」は、実は帽子のジャンル分けとしてはひじょうに曖昧です。「フェルトハット」には、大きな目で見れば、特徴も形状も違う帽子が含まれてきますが、今回は「フェルト製」、「中折れ帽もしくはそれに近い形状」の帽子に絞って、その概要や歴史についてお話しします。
 
「フェルトハット」は、欧米では「Fedora Hat(フェドラ・ハット)」や、単に「Fedora」と呼ばれます。「フェルトハット」という呼び名同様、この中にはたくさんの帽子が含まれますが、一般的に「フェルトハット」と言えるものはだいたい以下のような形をしています。
 

素材

羊毛やウサギの毛をプレスして固めたフェルトが多く使われます。
 

クラウン

クラウンの形は多種多様ですが、多くの場合、いわゆる「中折れ」です。クラウンの中央部分は指でつまみ上げたようなシェイプになっています。クラウンの高さもさまざまですが、15センチ前後が普通でしょう。布製のリボンがデコレーションに巻かれることが多いようです。


つば(ブリム)

つばの広さは帽子によりさまざまです。7センチ前後が普通でしょうか。フラットだったり、エッジ部分がせり上がるように加工されていたりと、つばの形状もさまざまです。
 
「フェルトハット」といえば、フランク・シナトラです。アメリカを代表するシンガーであり、俳優であるシナトラは、全盛期に「フェルトハット」を愛用していたことで知られています。
 
多くの「フェルトハット」は、羊毛やウサギの毛でできています。ビーバーの毛でできたものもあります。これらをフェルトに加工して帽子にしたものが、「フェルトハット」になります。クラシックな「フェルトハット」の形状は、最近の「パナマハット」や「ストローハット」にも取り入れられています。
 
フェルトハット、かぶりこなすコツ
フェルトハットは、基本的にはオールラウンドで着用することのできる帽子です。しかし、現在のファッションの傾向を考えると、クラシックで上品な雰囲気のファッションと組み合わせると、より魅力が増すのではないでしょうか。
 
フェルトハットは、基本的にはクラシックな外観をしています。そのため、ビンテージスタイルの洋服と合わせると相性は抜群です。
 
クラシックなスーツとフェルトハットの組み合わせは、おそらくベストとなるでしょう。フェルトハットのかぶりこなしは「クラシック」と「上品」がキーワードです。季節感を考えることも忘れずに。


フェルトハット|メンズブランドの通販

フェルトハットの手入れ